いまむらクリニック勤務
(看護師)
磯 畑 さん
(23期生)
 私は、十年准看護師として働き、阿久根看護学校に行くことを決心して入学しました。
 最初は勉学についていけるか、不安を抱きながら入学したのを、つい昨日ように思い出します。幸い勤務病院も阿久根市内の泌尿器クリニックで働くことになり、透析という専門分野の中、学校で学んだ事を活かし、知識と技術の向上につなげることができました。そして、何より看護師として働くことで、地元の方に貢献できることが嬉しくて、やりがいにもなっています。
 三年間の学生生活は楽しいことだけではなく、実習も含め困難な事もたくさんありましたが、先生方や仲間たちのおかげで乗り越えることができました。
 この三年間の学びを忘れることなく常に学ぶ姿勢をもち、看護師としてこれからも地元の方に喜んでいただける看護を目指し、貢献していきたいと思っています。

広域医療センター7F病棟勤務
(看護師)
柊 田 さん
(23期生)
【入職してよかったこと】
 病棟の仕事を始めていく前に様々な研修があり、基本的な知識・技術を学ぶ事ができるので、仕事に入っていきやすいと感じています。

【職場の雰囲気】
 急性期の病棟なので忙しいですが、その中でも丁寧に教えてもらえ質問もやすいです。

【後輩のみなさんへひと言】
 学校での勉強や実習は大変だと思いますが、みんな同じような経験をして看護師になっていると思います。学ぶという意味では、学生や看護師でも一緒です。目の前の事を1つ1つクリアしていく事が、いつの間にか自分の力になっていると思います。


内山病院2病棟勤務
  (看護師)
池上さん
(22期生)
「私は、出水郡医師会広域医療センター附属阿久根看護学校を卒業後、新人の看護師として日々病棟で勤務しています。
学校では様々な行事や活動があり、多くの貴重な経験ができました。また、実習で受け持つ患者さん、教員・講師の方々、同期のクラスメイトなど多くの人との出会いがありました。そのおかげで人間としても大きく成長できたと思います。
学校と仕事の両立は慣れるまでは大変ですが、習ったことをすぐに職場の実務に活かすことができます。3年生時の実習と国家試験対策はつらく、苦労の連続でしたが、皆で悩んで苦労した分だけ成長し学びも深まり、クラス全員の国家試験の合格につながったのだと思います。
看護師は安定した職業ですが、それ以上に日々学ぶことも多く働き甲斐のある職業です。私もまだまだ学ばなければならないことが多いので、理想の看護師を目指して一緒に頑張っていきましょう。」

広域医療センター5階病棟
(看護師)
福浦さん
(22期生)
入職してよかったこと同じ母校の人も多く、先輩方も多く実習でも病棟の雰囲気を知っているため、働きやすい環境です。
●職場の雰囲気
常に明るい!とまではいきませんが、笑顔のある職場で、わからない事はどなたに聞いても優しく教えていただける病棟だと思います。
●今後の夢と希望
少しでも早く、病棟や看護業務に慣れ、患者さんの気持ちに添った援助を行う事が出来ればと思っています。また、実習生に対しても援助のできる人間になりたいです。
●後輩のみなさんへ ひと言
授業や実習の多い学生生活でしたが、その時に身に付けたもの、その時に感じたものが就職してから活かせるのではないでしょうか。それが少しでも多い方が、仕事を始めた時に困難が少ないように思います。(私は足りておりませんので…。)学生のうちにたくさんの事を吸収し、それを国家試験、就職後に活かしてほしいです。広域医療センターへも就職していただき、ぜひ一緒に働きましょう。お待ちしております。